全国統一小学生テスト

【全国統一小学生テスト対策問題集】算数|塾なしで偏差値60超!問題集・参考書5選

【全国統一小学生テスト対策問題集】算数|塾なしで偏差値60超!問題集・参考書5選

 

かえるぱぱ
かえるぱぱ
全国統一小学生テストの算数の点数をあげたいんだけど、対策におすすめの問題集や参考書はないかな?

この記事では、全国統一小学生テスト【算数】の対策にオススメの問題集・参考書をご紹介します。

とんびー家の長男は全国統一小学生テスト小1~小6の全9回の受験において

総合偏差値60以上全国順位上位10%前後の成績を取りました。

通塾なしで、問題集・参考書とスタディサプリで日々勉強し、

全県模試において学年10位以内の成績も取りました。

今回ご紹介する問題集や参考書をやって、

全国統一小学生テストだけではなく、総合的な学力をあげられました。

またこれから先、

「全国統一小学生テストを受けたい」

「算数を得意にしてあげたい」

とお考えの方向けに、とんびー家の子どもたちが小さな頃、えんぴつを持ち始める前にやっていた、ちょっとした算数の学びもお伝えします。

tobitaka@ピンタレスト

「全国統一小学生テスト」のさまざまな記事を集めたボードです。随時更新していますので、気になる方はフォローをお願いします!

ピンタレストボード

こんにちは!とんびーです。

今回は、全国統一小学生テスト【算数】対策に使える市販の問題集と参考書をご紹介していきます。

とんびー家のように、

難関私立中学のレベルほどはいらないけれど、地元トップ高を狙える成績はほしい

と考えている方や、

難関私立は受験しないけど公立中高一貫校などの受検を考えている」方にもきっと成績アップの一助になる内容です。

具体的には以下のようなお父さん・お母さんに向けて書いています。

  • 全国統一小学生テストの点数があまり良くない
  • 次の全国統一小学生テストで点数アップを狙っている
  • 塾に通っていないので何を勉強したらいいのかわからない
  • 学校の成績も上げたい
  • 住んでいる地域のトップ高へ進学したい

それでは参りましょう。

◆◆◆ おすすめ記事一覧 ◆◆◆

長男の全国統一小学生テストの6年間の成績の結果は、以下の記事で公開しています。

【全国統一小学生テスト】小1~小6の偏差値・順位・点数|塾なしで偏差値60が取り組んだ事

2022年5月・10月に受験した「全国統一中学生テスト・中1生部門」の成績は、以下の記事でご覧になれます。

【2022年全国統一中学生テスト・中1部門】偏差値・順位・点数|塾なしで偏差値65・70達成!

全国統一小学生テストの【国語】【理科】【社会】の対策問題集・参考書は、以下の記事をぜひご一読ください。

【全国統一小学生テスト国語対策】おすすめの問題集・参考書5選|塾なしで偏差値60超!

【全国統一小学生テスト理科】対策に使いたい問題集・参考書3選【家庭学習で偏差値60超】

【全国統一小学生テスト】対策に最適な社会の問題集・参考書4選【家庭学習で偏差値60超】

「うちの子中学受験しないから、中学受験塾のテストを受ける意義がいまいちわからないな~」

と思っている方は、

中学受験しない子どもが全国統一小学生テストを受験する意義について解説した以下の記事をご覧ください。

【全国統一小学生テスト】中学受験しない子どもが受ける5つのメリットと”中学受験組”を意識すべき理由

全国統一小学生テストを5分で知るなら、以下の記事が参考になります。

【全国統一小学生テスト】難易度・勧誘・便利な申し込み|6年間の経験から解説

教科書レベルから発展レベルへ進める勉強法については、以下の記事で解説しています。

【全国統一小学生テストの点数を上げる】点が取れない理由と解決法を徹底解説!

3回の繰り返しで問題集を使い倒す方法は、以下の記事をご覧ください。

【問題集を使い倒す方法】学力アップと節約のために実践した5ステップ

全国統一小学生テスト【算数】対策にオススメの問題集・参考書は?

こちらの5種類が、とんびー家で使用している全統小にオススメの問題集と参考書です。

全国統一小学生テストで点数をアップできるおすすめの問題集・参考書【算数編】

それぞれにどんな項目に対応しているのか、わかりやすく表にしてみました。

  難易度 中学
受験
特殊算 文章題 計算 図形 パズル
要素
































これら5種類を合わせてやることで、いろいろな分野をまんべんなく学べました。

このほか、とんびー家では並行してスタディサプリも使用中です。

ちょっとした疑問を講義ですぐに解決できるスタディサプリは、とんびー家の子どもたちの成績アップに大きく貢献しています。

スタディサプリについては、以下の記事で詳しく解説しています。

【小学生・中学生の通信教育・オンライン学習比較】オススメ5社を徹底解説!

市販の問題集と合わせて学習してきた成果が偏差値60に結びつきました。

 

とんびー
とんびー
最レベ小学標準問題集は学力を底上げしてくれるの

かえるぱぱ
かえるぱぱ
天才脳ドリル空間把握きらめき算数脳は、全国統一小学生テストの点数アップには欠かせないよ

全国統一小学生テスト算数対策おすすめ問題集5種類の特徴一覧

全国統一小学生テスト算数対策におすすめの問題集5種類の特徴一覧です。

教材の概要と、実際の使用感を記載しました。

全国統一小学生テスト対策オススメ問題集・参考書の特徴




  1. 関西圏で小学校・中学受験対策の塾を運営しているしょうがく社が作成
  2. 1年~3年の算数と国語の2教科が販売されている
  3. 各単元において「標準レベル」「ハイレベル」「最高レベル」の三段階構成
  4. 教科書には出てこないような応用問題がとても豊富
  5. 3回繰り返して穴を埋めれば低学年には十分なほどの応用力が身につく






  1. 1年~6年の算数と国語の2教科が販売されている
  2. ワンランクアップ「教科書 + α」の力をつける
  3. 各単元がステップ1と2の二段階構成
  4. ステップ1は教科書に出てくるような基本的な問題
  5. ステップ2は少し手ごたえのある問題
  6. 数単元おきに中学受験の過去問で構成されたステップ3がある
  7. ステップ3が解けるようになると十分な算数力がつく
  8. 特殊算も豊富に組み込まれている






  1. 中学受験塾サピックスの問題集
  2. サピックスは御三家である開成・麻布・武蔵や灘などの私立中高一貫校に毎年多数の合格実績あり
  3. ラインナップは全6種類
  4. ひらめき・パズル系の問題集
  5. 教科書や普通の問題集では出てこないタイプの問題
  6. 全体的に難しく「考えないと前に進まない」問題
  7. ☆・☆☆・☆☆☆の三段階でレベル分けされた問題









  1. 難関中学入試で実績を残す「パズル道場」のドリル
  2. 入門(教具付き)、初級・中級・上級の4種類
  3. 入門は3歳~小学低学年、初級は5歳~小学低学年、中・上級は小学全学年が対象
  4. 天才脳ドリルには空間把握以外にもシリーズがいろいろある
  5. 図形に特化しており、さまざまな問題形式に触れられる







  1. 全67問の解き方において、計算の術、ワザ、工夫が載っている
  2. レベルが入門・初伝・中伝・奥伝に分けられている
  3. 普段の計算で役に立つワザから、中学受験の複雑な計算の工夫まで幅がひろい

 

全統小対策【算数編】問題集・参考書で「できるようになること・メリット・デメリット」

新しい問題集を購入するからには、やり終わった後に「どうなっているか」「何ができるようになるのか」が気になりますよね。

ご紹介する5種類の問題集と参考書をやってとんびー家の子どもたちが一番感じていることは、

「算数が得意になったこと」「算数がより好きになったこと」です。

これが一番の収穫でした。

テストの点数に結びつくこともあれば、結びつかない時もあります。

でも、子ども自身が問題を解いている過程で、

前よりもできるようになった」と実感できるように進めていくことも大事です。

 

そこで以下では、とんびー家で実際に使用したからわかる「できるようになること・メリット・デメリット」を一覧にしました。

ぜひ参考にしてください。

おすすめ問題集・参考書5種類で「できるようになること・メリット・デメリット」

全国統一小学生テスト対策【算数編】問題集・参考書










  1. 「計算はできるけど文章題はお手上げ」な状態を克服できる
  2. 文章題を解くポイントが低学年のうちにわかるようになった
  3. 簡単な特殊算が解けるようになった
  4. しっかり繰り返して低学年のうちに「算数が得意!」になった



  1. 別冊解答になっている
  2. 解答は問題ページの縮小版なのでわかりやすい
  3. 実力を試せる学力テスト15枚が付属




  1. 解説が足りない(詳しくない)と感じる問題もある
  2. 骨の折れる問題が多いので、低学年以下は親のサポートが必要












  1. 中学受験問題の初級レベル程度の問題が解けるようになった
  2. いろいろな特殊算が解けるようになった
  3. 全県模試レベルから、全統小の小問群、大問の問1、もしかしたら問2も解けるように



  1. 教科書レベル~中学受験初級レベルくらいを学習できる
  2. 問題数が多いのでたくさん演習できる
  3. 典型的な問題が多く、いろいろな学力・実力テストにも対応可能
  4. 別冊解答になっている




  1. 解説の文字が小さく見づらい












  1. 全統小後半に出てくる長文の大問への対応力がつく
  2. 考える体力・忍耐力を鍛えられた
  3. 公立中高一貫校(学校による)の試験に似た問題に触れられる



  1. オールカラー印刷
  2. ご褒美シールが付属
  3. 問題の題材がおもしろい
  4. 別冊解答になっている
  5. 1題につき1ページのかなり詳しい別冊解説




  1. 1題を解くのに結構な時間がかかる
  2. 難易度が高いので低学年以下は親のサポートが必要
  3. 問題数のわりに価格が高い















  1. 図形問題のセンスが磨けた
  2. 線対称の概念が理解できるようになった
  3. 立方体積み木の数え方が得意になった



  1. 1枚30秒~5分くらいで解けるので、毎日遊び感覚で取り組める
  2. 様々な図形問題に触れられる
  3. 無料でお試しできるサイトがある




  1. 図形問題が初めてなら感覚をつかむのにちょっと時間が必要













  1. 計算術が学べる
  2. 計算が早くなる
  3. 簡単な計算は暗記で対応できるようになった
  4. 複雑な計算問題にも対処できるようになった



  1. いろいろな計算方法がわかる
  2. 情報量が多い
  3. 簡単な計算を暗記するためのカードが付いている




  1. 参考書なので、しっかり読まないと実践で使えない
  2. 目次が大雑把すぎて(びっくり)ちょっと使いにくい

 

とんびー
とんびー
計算術が学べる「計算名人免許皆伝」は隠れた名参考書だと思うわ

かえるぱぱ
かえるぱぱ
基本の計算のスピードアップを体得しておくと強いよね!

全国統一小学生テスト対策【算数編】問題集・参考書を徹底解説!

ここからは5種類の問題集・参考書を、さらに詳しく解説していきます。

しょうがく社:最レベ 算数 小学1年~3年

しょうがく社の「最レベ 算数 小学1年~3年」です。

とんびー家では、幼稚園の年長さんからこの問題集を使い始めました。

「長女と長男の理系脳の原型を作った」といっても過言ではないくらい、やってよかった問題集です。

とんびー家では1年生から3年生までを購入し何度も何度も繰り返し解き、使い倒しました。

もちろん兄弟で使いまわして節約しました!

問題集の上手な使い方については、以下の記事で解説しています。

【問題集を使い倒す方法】学力アップと節約のために実践した5ステップ

 

とんびー
とんびー
この問題集厚さが1cmを越えまーす

ちょっと気が引ける分厚さですが、最後までやりきった時の子どもたちの算数力に驚きました!

少々骨が折れるような文章題も解けるようになっていました。

全県模試では、5%~10%程度の正答率の問題にも正解できるようになりましたし、

また、つるかめ算、和差算、植木算などの特殊算も解けるようになります。

 

「特殊算」の解き方をイチから勉強したいなら、スタディサプリの算数応用とても役立ちます。

なぜなら、特殊算は公立小学校ではほとんどやりません。

いつのことだったか長女か長男が、

「教科書に植木算が載ってた!」

とびっくりしていたくらい、教科書に載っていません。

でも、算数・数学の考える力がつくのにやらないのはモッタイナイと私は考えます。

子どもたちは、教科書レベルを超えた問題をやったから「考える力」が付きました。

算数の面白さを知りたい、知識をつけたい、理系に進みたいなら、

やっておいて損しません!

 

全国統一小学生テストをきっかけに、

子どもに少しでも考える力をつけてもらいたいのなら、

中学受験の問題集、特に特殊算に触れておくことをおすすめします!

 

それに算数は、いろいろな解き方を知っているのが大事だと思います。

学校では「この解き方でやりなさい」的な空気があって、

違う解き方をしているとごちゃごちゃ言ってくる先生もいました。

が、世の中、いろいろな解き方を知っている人間は強いです!

 

とんびー
とんびー
「この解き方でやりさない」的な空気でも、「勉強するのは自分なんだ」っていう気持ちを常にもっていることが大事ね

 

ちなみに長女は「最レベ」と後述する「標準問題集」を土台にして、

偏差値70のトップ高へ進学しています。

いろいろな考え方ができると、問題の解法を見つけるまでのひらめきが早いし、

問題と向き合った時に楽しみながら解くことができるようです。

考える力が身につくと、数学の問題を解くのが楽しいらしい...

 

かえるぱぱ
かえるぱぱ
ほう、ほう、ほう、楽しいんだ...へぇ~

とんびー
とんびー
そうなの、理解できないのよ~

 

全統小の点数アップにはもちろん、

長女曰く、「トップ高を目指すなら中学受験レベルの問題集をやっておいて損はない」そうです。

 

計算はすごくできるけど文章題が苦手だ」というくもん式算数を経験している子どもにも、考える力がつく最レベは役に立ちそうです。

 

\スタディサプリの授業を体験してみる/
/5教科18科目1万本以上の講義動画はいつでもどこでも見放題\

 

最レベのメリット

実際に使って感じた、最レベのメリットはこちらです。

  1. 別冊解答になっている
  2. 解答は問題ページの縮小版なのでわかりやすい
  3. 実力を試せる学力テスト15枚が付属

今や別冊解答は必須ですよね。

最レベの別冊解答は、問題ページの縮小版なので見やすさ

別冊解答の最終ページには15枚の学力テストがあります。

この学力テストは難しいですが、1冊終わるころに挑戦すると手ごたえがありました。

とんびー
とんびー
「ちょっと難しい」ができると、子どもに自信がつくわよ!

 

最レベ算数でこれができる!

  1. 「計算はできるけど文章題はお手上げ」な状態を克服できる
  2. 文章題を解くポイントが低学年のうちにわかるようになった
  3. 簡単な特殊算が解けるようになった
  4. しっかり繰り返して低学年のうちに「算数が得意!」になった

 

Amazonで見る楽天で見る

 

受験研究社:小学標準問題集 算数 小4~小6

次は受験研究社の「小学標準問題集 算数 小4~小6」です。

小2で「最レベ算数3年」を終了し、小4から取り組み始めました。

表紙の「ワンランクアップ[教科書 + α(アルファ)]の力をつける」は、

中学受験しない長男にはちょうどいいレベル感でした!

 

もう中学生になりましたが、いまだに標準問題集4年~6年の間でできなかった問題を繰り返し解きなおしています。

できなかった問題はコピーして間違いノートに貼りつけて、何度も挑戦しています。

最レベからの積み上げプラス、何度も繰り返して「穴」をなくせば、

全県模試は5%~10%の正答率の問題が解けると思います。

全国統一小学生テストなら、最初の方の小問群、大問の問1、

もしくは問2まではイケる!

ときもありました。

成績をアップする間違いノートのつくり方は、以下の記事で詳しく解説しています。

【間違いノート作り方・使い方】子どもの間違いは点数アップするための「宝」

 

標準問題集のステップ3は中学受験の過去問で構成されています。

最レベ同様、中学受験レベルの問題をやってさらに算数力がアップしました。

とんびー家では低学年の内容が簡単なうちにスタディサプリと最レべでサラッと特殊算の基礎を作りました。

標準問題集は、相当算、仕事算、旅人算、通過算、周期算などの特殊算も豊富で最レベよりも当然問題が難しくなっているので、やりごたえがありました。

「最レベ」と「標準問題集」を繰り返し解くことで、長女も長男も小1~小6までのテストはほぼ毎回100点を取りました。

とんびー
とんびー
全国統一小学生テストで点数が取れるなら、学校のテストも100点連発よ!

学校のテストで100点を目指す先取り学習のやり方については、以下の記事で解説しています。

【先取り学習のやり方とQ&A】小学校のテストで100点が取れる幼児・小学生の学び

標準問題集のメリット

標準問題集を使っていて感じたメリットはこちらです。

  1. 教科書レベル~中学受験初級レベルくらいを学習できる
  2. 問題数が多いのでたくさん演習できる
  3. 典型的な問題が多く、いろいろな学力・実力テストにも対応可能
  4. 別冊解答になっている

標準問題集のテーマである、

ワンランクアップ「教科書 + α(アルファ)」の力をつける

は、

難関私立中学のレベルほどはいらないけれど、地元トップ高を狙える成績はほしい

にちょうど合致します。

とんびー
とんびー
教科書から中学受験初級までって、最適なレベル感!

 

中身は、昔からある典型的なページ構成。

中学校でもらう問題集のように過度な装飾のない普通の問題集です。

問題数が多く、レベルは基礎から応用まで、いろいろなパターンの問題に触れることができました。

成果を出す問題集の使い方については、以下の記事で解説しています。

【問題集を使い倒す方法】学力アップと節約のために実践した5ステップ

また、問題集を進めている際に出てくる「できなかった&間違った問題」を点数アップにつなげる方法については、以下の記事で解説しています。

【間違いノート作り方・使い方】子どもの間違いは点数アップするための「宝」

とんびー
とんびー
ベタだけど、何度も同じ問題集を繰り返すことが大事ね

 

小学標準問題集でこれができる!

  1. 中学受験問題の初級レベル程度の問題が解けるようになった
  2. いろいろな特殊算が解けるようになった
  3. 全県模試レベルから、全統小の小問群、大問なら1つ目を解けるように

 

Amazonで見る楽天で見る

 

サピックス:きらめき算数脳

サピックスのきらめき算数脳は、普通の問題集とはちょっと違います。

忍耐力を鍛え、最後までがんばって考える力をつけられる問題集です。

ひと言で言うなら「難しい」ということです!

 

ラインナップは下記の全6種類です。

  • 入学準備~小学1年生(かず・りょう)
  • 入学準備~小学1年生(ずけい・いち)
  • 小学1・2年生用
  • 小学2・3年生用
  • 小学3・4年生用
  • 小学4・5年生用

とんびー家では小学1・2年生用、小学2・3、小学3・4、小学4・5年生用の4冊を使用しました。

最レベや標準問題集で考える体力をつけてはいたものの、きらめき算数脳はやはり難しかったようです。

まず、慣れるまでに時間がかかりました。

前提条件をつど確認し、問題文を一つ一つを条件と照らし合わせたりして、とにかく時間がかかる。

じっくり落ち着いて取り組む忍耐が必要で、終わらせるのにも苦労しましたね。

長男は3年生ごろから一人で解いて解説を読み、解答を見てもわからない時は私に聞くようにしていました。

聞かれた私も「???」となる問題があり、慣れてくると私に聞くより、一人で考えたほうが良かったみたいです笑

とんびー
とんびー
用無しです...

完ぺきに理解していたかどうかは、正直言ってわかりません。

偏差値60が目標だったので、その辺はあまり完ぺきを求めなかったのもあります。

 

ただ私は、以下のことを大事にしていました。

「めんどうな問題を自分ひとりで考えて何とか答えを出そうとする姿勢」

「面倒なのに続けようと頑張るメンタル」

とんびー
とんびー
「今日はムリダー」っていう日があっても、その後も続けられる姿勢を見ていました

もっと上を目指すなら、あやふやなまま終えるのは力にならないと思うのでしっかりと理解する必要がありますね。

 

とんびー
とんびー
理解できるかは別として、最後まで解き切る力が少なからず身につく問題集よ

先ほども触れましたが、最初にちょっと長めの「前提条件」を理解し、その条件に基づいて問題を考えていきます。

つまり、「前提条件」が理解できないと問題に取りかかることさえ難しいんです。

全国統一小学生テストでは後半に出てくる大問がこの形式です。

「きらめき算数脳」を全国統一小学生テスト対策に勧めている人が多いのも納得です。

 

近年の公立中高一貫校の適性検査にも似たところがあったり、

大学共通テストでも求められている「思考力」や「判断力」を養うことにもつながりそうです。

これからは、たし算やひき算のようにすぐに答えが出ない、もしくは正解のない問題に対して、

自分なりの答えを出そうと取り組む姿勢を小さなころから身につけるのが大事になりそうですね。

きらめき算数脳を進めるうえでやった3つの工夫

ここで話を戻すと、そういうわけで全体的に難しいので、きらめき算数脳を進めていくにあたり下記のような3つの工夫をしました。

  1. 星の数が少ない問題からやる!
  2. 子どもが好きな問題から始める!
  3. 1問でもできたら大げさにほめる!

解く問題のチョイス、進める順番、そして子どものモチベーションがキモです。

きらめき算数脳はそれぞれの問題の難易度が☆の数でわかります。

☆→☆☆→☆☆☆の順にやっていくとスムーズに進められました。

なおかつ、その中から「子どもに好きな問題を選んでもらう」のが続けるポイントです♪

 

進めていくと「やり始めたけど全然わからない」っていう問題が必ず出てきます。(たくさん出てきました)

その時はそこにこだわらず、すぐ「次の問題」にスイッチしちゃいましょう。

とんびー
とんびー
今できないだけであって、1か月後、半年後、1年後にはできるかもしれないでしょ!

とんびー家でも、しばらく眠らせておいた問題がそれなりにありました。

また、該当する学年の問題が難しすぎる場合には、学年を落として取り組むのがおすすめ。

解けたときには、

とんびー
とんびー
「こんな難しい条件がたくさんある問題できたの?マジ、すごいじゃん」って言ってあげてね!

解答解説を見てしっかり理解できた時にも、ひと言ねぎらいのお言葉を!

とにかくモチベーションを落とさないことが、この問題集を最後までやり遂げる攻略方法の一つです。

かえるぱぱ
かえるぱぱ
無理しないのが第一!

きらめき算数脳のメリット

きらめき算数脳で感じたメリットはこちらです。

  1. オールカラー印刷
  2. ご褒美シールが付属
  3. 問題の題材がおもしろい
  4. 別冊解答になっている
  5. 1題につき1ページのかなり詳しい別冊解説

オールカラー印刷でご褒美シールがついています。

子どものモチベーションにいくらか貢献しそうです。

とんびー
とんびー
子どもってシール好きよね

 

あまり出会うことのない問題形式ゆえ、題材が面白かったです。

例えば、小学3・4年生の問題では、

「海ぞく船レース」「めいろで宝さがしゲーム」「進め!ボールペンロボ」

などなど、楽しい題名の問題がありました。

 

「保護者向け解答解説書」という詳しい別冊解説つきです。

が、裏を返せば保護者のサポートが必要な「難しい問題集」ということです。

 

きらめき算数脳でこれができる!

  1. 全統小後半に出てくる長文の大問への対応力がつく
  2. 考える体力・忍耐力を鍛えられた
  3. 公立中高一貫校(学校による)の試験に似た問題に触れられる

 

Amazonで見る楽天で見る

 

受験研究社:天才脳ドリル 空間把握

「天才脳ドリル 空間把握」は図形問題に慣れる、強くなるプリントです。

さらに「考える力」もつけられます。

全国統一小学生テストでは、いろいろな角度から図形問題が出題されます。

特に立方体を重ねた問題には何度か出会った気がします。

積み重なった立方体の数や接している面の数を数えさせるなど、出題方法はいろいろです。

長男はレゴが大好きだったので、図形問題は感覚的に得意でした。

算数の中でも図形問題は、実物を使うのが一番理解を深めます

とんびー
とんびー
おりがみや、積み木を使って実際に手を動かして解きました

 

以下のようないろいろなタイプの問題が掲載されています。

  • 転写
  • 点描写
  • 模様
  • 積み木
  • 回転図
  • 展開図
  • サイロコ
  • 投影図

小中学校で習う図形の線対称・回転図・展開図などの概念をここでふわっと先取りできます。

図形問題って感覚で解ける問題も多いので、問題のゴールさえわかれば何歳からでもできます

子どもが気に入ったなら年齢は関係なくどんどん進めちゃいましょう。

とんびー
とんびー
図形感覚を小さな時から鍛えたら最強!

天才脳ドリル 空間把握のメリット

使用してわかった天才脳ドリル空間把握のメリットはこちら。

  1. 1枚30秒~5分くらいで解けるので毎日遊び感覚で取り組める
  2. 様々な図形問題に触れられる
  3. 無料でお試しできるサイトがある

毎日取り組んでも負担にならないプリント形式で、目標時間は1枚30秒~5分くらいに設定されています。

感覚でホイホイできたり、考える力が必要だったりと、いろいろな図形問題に触れられます。

「天才脳ドリル空間把握」を無料お試し「ちびむすドリル」

小学生の無料学習プリント・教材プリント「ちびむすドリル小学生」をご存じですか?

このサイトでは「受験研究社 × ちびむすドリル コラボ企画」が開催されています。

空間把握の初級・中級・上級の一部が無料公開されているんです。

 

とんびー
とんびー
まずはここで試して、子どもが楽しそうなら購入を考えてみるとよさそう

 

天才脳空間把握でこれができる!

  1. 図形問題のセンスが磨けた
  2. 線対称の概念が理解できるようになった
  3. 立方体積み木の数え方が得意になった

 

Amazonで見る楽天で見る

 

東京出版:中学入試 計算名人免許皆伝

「計算名人免許皆伝」って、なんだか仰々しい名前の参考書なんですが、

要は「計算問題が速く確実に解けるようになる本」です!

覚えられるような簡単な計算は、巻末についている「計算カード」で暗記。

「複雑な計算は、こんなふうに工夫して計算ができますよ♪」

というヒントが盛りだくさんの参考書で、事あるごとに開いて見ています。

中学受験塾に行っていれば普通に教えてもらえるんでしょうが、

とんびー家のように塾なしで頑張っている子どもには目からウロコなワザもありました。

 

難関大学を目指していたり、理系に進みたいと思っているなら、買っておいて間違いない系の参考書です。

時間効率で考えればできるだけ早めに計算術を習得すべき!

小学校のうちにマスターしておけばその後ずっと使えますし、計算が得意なのは理系への土台になります。

 

で、とんびー家でどのように使ったか説明します。

まずは一通りザっと目を通して、今すぐ使えそうなワザ、計算の工夫を早速取り入れました。

で、今まではマジメに計算していたけど、

かえるぱぱ
かえるぱぱ
これ、暗記でイケんじゃね?

っていう計算は、さらにページをよく読みこんで解き方を覚える。

もしくは、巻末についている計算カードを使ってどんどん答えを暗記しました。

 

計算カードでは、

  • 2ケタ × 2ケタの計算
  • 5の5乗、2の10乗などの累乗
  • 10、15の最小公倍数、108の約数
  • 48×125の簡単な計算方法...など

まだまだありますが、ちょっとしたテクニックを習得 or 暗記できます。

長男は今も毎日1分くらいこのカードを使って暗記しています。

とんびー
とんびー
計算スピードアップ、労力の軽減化を図りましょう!

計算名人免許皆伝で暗記して普段の計算をスピードアップ♪

中学入試計算名人免許皆伝 計算暗記ツール中学入試計算名人免許皆伝 計算暗記ツール

2ケタの数の累乗、例えば11×11や13×13などを暗記しておくと、

とんびー
とんびー
どんな時に便利でしょう?

かえるぱぱ
かえるぱぱ
面積出すとき?

 

そう、面積を求める時です!

1辺が13センチの正方形なら一瞬で答えを出せます。

とんびー
とんびー
だって、暗記しちゃってるからね~

 

半径が11cmの円の面積なら、公式に当てはめて、11×11×3.14。

11×11の部分、一瞬で出せますよね。

中学生になれば「π(パイ)」という最強の記号が出てくるので、秒で答えが出せます。

複雑な面積を求める時に、時間短縮になりますね!

 

他にも計算名人に載っているもので便利だなと思ったのは、

「分数⇔小数」の変換

 

「1/2 = 0.5」くらいはみんな知ってますが、

「3/8」ってすぐに出てきますか?

「1/8 = 0.125」を覚えておくと、「3/8 = 0.375」なワケです。

こういった細かな暗記が、計算スピードアップにつながります。

 

計算名人の中では、こんなふうに教えてくれます。

「17 ÷ 0.125」を簡単に計算するよ!

17 ÷ 0.125 ⇐0.125を分数に変換しよう!

= 17 ÷ 1/8 ⇐わり算をかけ算にしよう!

= 17 × 8/1 ⇐逆数にしてかけるよ!

= 17 × 8 

= 136

この方がラクでしょ?

って。

 

「17 ÷ 0.125」をひっ算でまじめにやっていたら...

っていうか、小数のわり算が出てきた瞬間に、もうイヤになりませんか?

かえるぱぱ
かえるぱぱ
なるなる!小数点どうするんだっけ?ってなる

 

でも、計算の早ワザを使えば、

  1. 小数を分数に変換
  2. かけ算にするため逆数に
  3. かけ算する

なんと、この3ステップ!

 

小数のわり算なのに、

かえるぱぱ
かえるぱぱ
小数どっかに消えとるや~ん!!!

 

中学・高校で途中計算が複雑になってきたころに、威力が発揮されるワザです。

 

とんびー
とんびー
簡単な計算はもう暗記しかないわね

 

今は便利な暗記アプリもありますから、計算カードどうなの~?と思われるかたもいると思います。

アプリもいいと思います。

が、とんびー家は、

「勉強中のスマホはどうなの?」

「何でもアプリで勉強させるのはどうなの~?」

と考えているので計算カードの方が向いていました。

 

長女も長男も簡単な計算は計算名人を使って覚えてしまいました。

で、実はもう1冊使っていた計算術の本があります。

それがこちら。

計算術と言えばインドです!

インドでは小学生のうちに1~19までのかけ算を覚えるんですよね。

で、その時に日本のようにただ暗記するのではなく、

「なぜそうなるのか?」も同時に考えるのだそう。

とんびー家ではこれらの2冊で計算力を飛躍的にアップしました!

あと、河野玄斗さんのYoutubeのチャンネルでも早ワザ計算をやっていてためになります。

インド式計算をわかりやすく解説されていますよ。

計算名人免許皆伝のメリット

計算名人免許皆伝のメリットはこちら。

  1. いろいろな計算方法がわかる
  2. 情報量が多い
  3. 簡単な計算を暗記するための計算カードが付いている

メリットは、前述したとおり。

ここで紹介した以外にもたくさんの計算ワザが載っています。

暗記すると計算過程が減るので、余計なケアレスミスを防ぎ計算スピードもアップできます。

地味ですが点数アップにつながるおすすめの参考書です。

 

計算名人免許皆伝でこれができる!

  1. 計算術が学べる
  2. 計算が早くなる
  3. 簡単な計算は暗記で対応できるようになった
  4. 複雑な計算問題を対処できるようになった

 

Amazonで見る楽天で見る

 

問題集を始める前にできること・始めたあとに必要なこと

えんぴつを持つ前にできるコト

これから先、全国統一小学生テストを受験したいと思っている方もいらっしゃると思います。

小さなころの算数というと、数字がかける、たし算ができるという方向に目が行ってしまいます。

が、えんぴつを持つ前からできる「感覚を鍛える算数」がたくさんあります。

  • お菓子を食べながら、1個、2個...と一緒に数える
  • 種類の違うお菓子でも、合わせると3個になる、食べると1個減ることを知る
  • 積み木を並べて、大きな四角を作ってみる
  • 折り紙でいろいろな形を作ってみる

とんびー家は年中さんまで、自分の手を動かしてできる算数で遊びながら勉強しました。

ちょっとした時に手を使った学びを積み重ねたので、勉強を始めてからのスピードが加速しました。

親と楽しく遊べる小さなうちに、遊びながら感覚を鍛えるのがおすすめです。

子供向けの番組でも数字を扱っていたりしますが、見ているだけの受け身の勉強になりがち。

そんな時もただ見ているのではなく、おもちゃを手に取ってテレビと一緒に数えるだけで、

子どもは数字を体感できます。

遊びながら学ぶ算数については、以下の記事で解説しています。

【神経衰弱で数の合成】遊びながら学ぶ算数|私が実践した6つの方法【座学の前のひと工夫】

まとめ|【全国統一小学生テスト対策問題集】算数|塾なしで偏差値60超!問題集・参考書5選

今回は全国統一小学生テストを受けるなら取り組んでおきたい「問題集・参考書」の算数編をお送りしました。

問題集や参考書は繰り返すことで学力の底上げになり、一歩先へ進めます。

また、市販の問題集を中心に勉強するのなら、何度も繰り返せて先取り学習も自由自在の「スタディサプリ」は、コスパ抜群で最強のオンライン学習だと思います。

とんびー家では現在もスタディサプリでどんどん先取りし、復習として上記の問題集を使用しています。

全国統一小学生テストの点数アップに意欲のある子なら、スタディサプリでどんどん先取りすると楽しいかもしれません。

 

\スタディサプリの授業を体験してみる/
/5教科18科目1万本以上の講義動画はいつでもどこでも見放題\

 

 

とんびー
とんびー
参考になると嬉しいわ!

 

おすすめの記事